失敗しない退職代行のおすすめ紹介

退職代行っていろいろな会社があるけどどういうところを選べばいいんだろ。

退職代行業者の中には悪質な業者もいます。私がおすすめを紹介していきます。

退職代行NEXT

ポイント1 日本全国どこからでも電話、LINEで無料相談可能

ポイント2 弁護士事務所なので企業と交渉が可能

ポイント3 業界内随一のリーズナブルな料金プラン

日本全国どこにいても、電話、LINEから無料相談することができます。なのでどこに住んでいても気軽にLINEで相談することができます。

また、他の非弁業者と違い弁護士事務所なので、退職の交渉、有休の交渉などの交渉を行うことが可能となります。

料金は業界内でもリーズナブルな30000円となっており他の業者で50000円などもある中では良心的な価格となっています。

退職代行ガーディアン

ポイント1 合同労働組合なので代理・交渉することが可能

ポイント2 確実に退職することが可能

ポイント3 リーズナブルな料金プラン

合同労働組合ですが、弁護士事務所と同様に代理・交渉を行えることが法律で定められています。

辞められないということは過去一度もなく、うるさい会社の場合でも団体交渉を起こして退職できるようにすすめてくれます。

一般的に代理・交渉を行える弁護士事務所の場合、価格が高く50000円前後になることが多いですが、29800円とリーズナブルな料金で相談することが可能です。

弁護士法人みやびの退職代行サービス

ポイント1 弁護士法人なので有休交渉や退職金交渉が可能

ポイント2 24時間LINEから相談可能

ポイント3 無料相談可能

弁護士法人なので非弁業者と違い有休交渉や退職金交渉が可能です。
24時間LINEから無料で相談可能なので、まずは気軽に問い合わせることが可能です。

料金は55000円なので他の退職代行サービスと比較すると少し高めになっています。

退職代行は代理交渉可能な業者を選ぼう

退職代行業者はいろいろありますが、代理交渉可能な業者を選ぶのがよいです。基本的には企業と代理交渉可能なのは弁護士事務所か労働組合となります。

一般企業に分類される退職代行業者は以下のような交渉を行うことができません。

  • 退職日の交渉
  • 有休消化の交渉
  • 引継ぎに関する交渉
  • 退職金の請求交渉
  • 損害賠償請求をされた場合の交渉

弁護士事務所と労働組合以外の非弁業者は上記のような交渉を行うことができなく、あくまで退職の意志を代わりに伝達するだけです。非弁業者が上記のような交渉を行うことは弁護士法に違反するおそれがあり、トラブルになる可能性があります。

今回こちらの記事であげた退職代行サービスはすべて企業との交渉が法的に可能なので、こちらから選ぶことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です