職場に合わないと感じるあなたへ

職場でうまくいかないけどどうすればうまく向き合えるかな

いろいろ方法はあるけど究極的には転職することも視野に入れたほうがいいよ。

職場の何が合わないかを考えよう

職場が合わないと感じるのは主に以下のケースです。

  • 職種そのもの
  • 会社の文化
  • 特定の人、個人

職種そのもの

職種そのものに向かないと感じることは結構あります。営業とかプログラミングとかの職種は向かない人はとことん向かないですし、向く人はとことん向いています。

正直向いていなくても努力すれば人並みにできるようにはなるのですが、向いていないと感じたならさっさと職種を変えるというのも一つの手です。

世の中には様々な職種があるのでいろいろな求人を探してみるのもいい手です。転職サイトに登録して情報を収集しておくのがよいでしょう。

【2021年最新版】マイナビエージェントの特徴を紹介

会社の文化

会社の文化についていけないというのはよくあります。例えば以下のような特徴的な文化を持つような会社はよくあります。

  • 社歌、社訓を唱和させられる
  • 縦社会で上への敬意が最大限求められる
  • ハンコの押し方に細かい決まりがある

中には非合理的だとしか思えないような儀式的なものもあるので、こういう文化になじめずに退職していく人というのも一定数います。

私が前いた会社だと毎朝社訓を唱和させられていました。これを毎朝やることで業務にどんなプラスがあるのだろうか?と疑問に思いながら働いていました。

特定の人、個人

特定の人と会わないというのはよくある問題です。価値観や考え方が違ったり、その人が経験してきたバックグラウンドが違ったりするのでそれが理由で衝突することがよくあります。

MEMO
人間関係の問題は転職理由の主要な要因となります。

職種や企業文化は場所を変えるしかない

職種や企業文化のマッチング問題は自分自身が環境をかえるしかありません。企業文化を変えるには自分がそれを変えられるぐらいのポジションにいかないといけないので、そのポジションに到達するのに数十年ぐらいかかってしまいます。

それならば転職を考えるほうが現実的な対応となります。転職によって環境をかえることでしか対応が難しいわけです。

【2021年最新版】総合型転職エージェント、転職アプリおすすめ紹介

合わない人とうまくやっていく方法

合わない人とうまくやっていくにはこのような方法があります。

  • なぜ相手がそのように考えるのか相互理解を深める
  • 部署移動などを検討してもらう
  • 転職する

なぜ相手がそのように考えるのか相互理解を深める

多くの場合相手とのコミュニケーションが不十分であり、誤解が多く発生していることが多いです。

相手も立場であったり事情があったりであなたに対して厳しい態度や言葉を投げかけたりしています。

そこのファーストステップでコミュニケーションをとることをあきらめてしまうとますます溝が深くなってしまいます。

なかなか難しいですが、正直に本音ベースで会話していくのが大事です。ほんとの気持ちを押し殺していてもつもりつもり重なって爆発して大ごとになってしまうので小出しにして会話していくのが大事です。

必要に応じて同僚や上司などに仲介してもらったりするのもよいと思います。

部署移動などを検討してもらう

それでも難しい場合は部署移動などでその人と交流しなくてもすむような調整をするのがよいと思います。

簡単にはいかないですが、そこの問題をこじらせた結果退職することになりかねないなら、会社側も退職者を簡単にはだしたくないので調整してもらえます。

単純にその人とうまくいかないということならば、転職をしなくても社内の調整で済むことがあります。

そのことでストレスになっており、最終的に退職の判断になるならば会社としても相談してほしいと思っているので、まずは相談してみましょう。考え込むより行動するほうがよいです。

転職する

最終的にそれもうまくいかなさそうなら転職するしかありません。転職すれば環境自体変えることができるので基本的には解決の方向には向かいます。

しかし、人間関係の問題はどこに行っても発生するので究極的にはどこかでうまく折り合いをつけるしかなくなります。

しかし最近ではリモートワークの仕事も増えていっていますから、仕事に必要な最低限のやりとりさえすればよいような仕事が増えていっています。

転職エージェントに相談するとそのような情報を教えてもらうこともできるので積極的に活用しましょう。

【2021年最新版】総合型転職エージェント、転職アプリおすすめ紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です