社内SEはプログラミングできない状態でもなることができる?

社内SEってプログラミングできなくてもなることはできるのかな?

こういった疑問に回答していきます。

社内SEの業務内容は会社規模によっても変わってくる

社内SEはプログラミングスキルが必要かどうかですが、会社の規模や会社内の役割などによっても社内SEの業務内容というのは変わってきます。大きな会社とそれ以外の会社で社内SEの業務内容がどう変わるのか見ていきます。

基本的には社内SEの仕事は以下になります。

  • 社内システムの構築・運用・保守
  • 社内システムの使い方等の問い合わせ対応

大手になればなるほど社内システムの構築は外注しています。なので直接的に実務としてプログラミングを行うことはほとんどないということのほうが多いです。

ただ、システム外注するにあたっての要件定義や、仕様の策定を外注した企業と行っていくので上流工程の知識は必要であったりします。

またシステムに運用フェーズでシステムにトラブルがあったりした場合の調査や対策の立案を行ったりなどの仕事を求められることもあるでしょう。

小さい会社ではプログラミングができないと厳しい

大手の会社であるとシステムに関わる作業の多くが外注されていたりするので、直接的なシステム開発の作業者となることが多くありません。プログラミングを行うということはシステムの構築・運用にあたっての一つの要素でしかないので、それ以外の上流工程の経験など他の部分で補えればよしとなることもあります。

一方で小さめの会社になると外注などせず全部自前で開発しているところもありますから、プログラミングの知識が必須になることが多いです。

私が前に所属していた会社だと、社内SEというかシステム管理者が一人いただけですが、各社員のPC配備やサポート、社内のネットワークやサーバ管理、社内HPの管理などほとんど一人で行っていました。そのあたりを手を動かして行っていくにはプログラミングの知識が必要になってきます。

転職エージェントが情報をもっている

もちろん大手の会社ならプログラミングできなくても問題ないかというとそういうわけではありません。外注するにあたってもプログラミングの知識があったほうが意思疎通しやすいですし、社内のちょっとした便利なツール開発としてExcelマクロの開発など行うこともあるからです。

MEMO
結局会社による部分は大きい

会社に入らなくても情報は手に入る

この手の部分は実際に会社に入ってみないとわからないと思われがちですが、実際はそうではありません。転職エージェントがこの情報を持っている場合があります。

転職エージェントは企業の採用担当者と密にコミュニケーションをとっているのでどういう人材が欲しいかの生の情報を持っています。なので、社内SEになりたいけどあまりプログラミングの経験が多くないという人は、まず転職エージェントに相談することをおすすめします。あなたの経歴に会った企業を紹介してくれます。

客先常駐(SES)嫌な人おすすめ転職エージェント社内SE転職ナビ

プログラミングをばりばりやりたいなら自社開発サービスの会社がいい

いっぽうでプログラミングをばりばりやりたいという人であれば、自社開発を行っているような企業がよいと思います。システム開発を外注するようなことはなく自前で開発を行うので、バリバリプログラミングを行うことになるからです。

これもまた、まずは転職エージェントに相談して、どういう企業があるのか相談するのがよいです。

総合型転職エージェント

【2020年最新版】総合型転職エージェント、転職アプリおすすめ紹介

IT特化型転職エージェント

【2020年最新版】IT専門転職エージェント特徴別おすすめ

まとめ

  • プログラミングスキルが必要かどうかは企業による
  • 転職エージェントが情報をもっているので相談したほうがいい
  • ごりごり開発したいなら自社開発の会社にいこう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です