客先常駐(SES)で働いてた人は転職できなくてやばい?

客先常駐(SES)から転職してブリッジSEとして海外と日本で働き年収をあげ、その後フリーランスとなりさらに収入をあげた私が解説します。

転職したい理由を明確にしよう

まずはなぜ転職したいのか理由を明らかにするのが必要になります。転職したい理由によって、どのように転職活動をすべきかは変わってきますし、場合によっては転職じゃなくてもいいケースもあります。

私も客先常駐(SES)をしていましたからある程度転職したい理由というのはわかります。転職理由は以下に分類されるかと思います。

  • IT技術についていけない、ずっと勉強するのが辛い、したくない。
  • 客先常駐(SES)という働き方が辛い。違う業態で働きたい。
  • 年収が低いので年収をあげたい。

IT技術についていけない、ずっと勉強するのが辛い、したくない。

IT業界で働きだして3年未満ぐらいの人に多い印象です。ITで働きはじめてすぐの時はわからないことだらけでついていくのに必死だと思います。

というよりも上司の指示内容がまったく理解できなかったり、使用しているソフトの基本操作すらわからなかったりして、上司に聞いても「そんなこともわからないのか」なんてことを言われたりして仕事をするのがいやになってきてしまっているというのがよくあるケースだと思います。

実際私も未経験からIT業界で働きはじめて1~2年ぐらいはわからないことがいっぱいあり、怒られ、煙たがられながらもずっと勉強を続けてきました。

勉強するのは大変な時もありましたが、学生の時の勉強と違って、勉強して理解した成果がダイレクトに仕事に反映されるんですよね。

ですから勉強して理解して仕事で成果をだすのサイクルが小さいながらも成立するので、それなりに楽しめたので私は続けることができました。

MEMO

ITの技術者だと勉強することは続いていくので辛くて辞めたいという人は、IT技術者自体を辞める方向で考えていく必要があります。

客先常駐(SES)という働き方が辛い。違う業態で働きたい。

私も客先常駐(SES)をしてきたのでこの気持ちはわかります。多くの場合こういう理由ではないでしょうか。

  • 客先で肩身の狭い思いをしている
  • 現場が変わるたびに新しい仕事に慣れなければならない

一応正社員なのですが、客先に常駐するので派遣されてるような印象なんですよね。それが嫌な人は多いと思います。

年収が低いので年収をあげたい。

客先常駐(SES)のビジネスモデルだとどうしても年収が低くなります。
なのでこれもよくある理由だと思います。

私が退職したのもこれがメインの理由の一つですね。

客先常駐(SES)から転職成功できるのか

私の前の会社の人の事例だと全員成功しています。

何をもって転職成功なのかは人によって変わりますが、私が一緒に客先常駐をしていたかつての同僚や私自身は転職に成功しています。それぞれ以下のような形です。

ケース①

年収:430万円→650万円

業種:客先常駐SE→自社開発WebアプリSE

ケース②

年収:450万円→500万円

業種:客先常駐SE→自社システム保守・運用

ケース③

年収:430万円→600万円

業種:客先常駐SE→ブリッジSE

それぞれ三人とも客先常駐を脱出し年収を上げることもできたので成功していると思います。

ITをそもそも脱出したいとなると難しいかもしれない。

これら3人は全員ITからITへの転職となっています。もともとみんな経験が5年ほどあります。しかしこれがIT業界から脱出したいとなると、年収を上げるのはもちろん維持するのも難しいと思います。

IT業界自体やめるのではなく、ITエンジニアを辞める方向、つまりITの企画職とかwebディレクターなどの方向で考えれば大きく年収を下げることはないと思います。

まずは転職エージェントに相談するのがおすすめ

転職する場合転職エージェントに登録するのがおすすめです。転職エージェントは転職サイトに登録されていない非公開求人を扱っていますし、これまでの求職者の経歴からマッチングする求人を紹介してくれます。

私も転職エージェントに相談した時には予想してなかったような求人を紹介されることもあったので、無料ですしまずは相談目的でいってみるのをおすすめします。

IT業界自体やめたい人は大手の総合転職サイトがよいと思います。

【2021年最新版】総合型転職エージェント、転職アプリおすすめ紹介

IT業界の転職エージェントについてはこちらの記事で紹介しています。

【2021年最新版】IT専門転職エージェント特徴別おすすめ 社内SE転職ナビは客先常駐(SES)嫌な人おすすめ転職エージェント

年収を上げたいならフリーランスはおすすめ

客先常駐(SES)で単に年収を上げたいから転職を考えているという人であればフリーランスのエンジニアになることをおすすめします。

フリーランスエンジニアになるメリットは以下のようなものがあります。

・同じ客先常駐(SES)なので働き方はサラリーマン時代と変わらない

・フリーランスエンジニアになれば200~300万円ぐらい収入が増える

詳しくは以下の記事で紹介しています。

客先常駐(SES)はやめとけ、それならフリーランスを目指そう 【2021最新版】エンジニア向けフリーランスエージェント特徴別おすすめ

客先常駐(SES)の転職まとめ

  • IT業界から脱出すると条件は悪くなる
  • 客先常駐(SES)の転職成功例は十分ある
  • 年収だけあげたいならフリーランスがおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です