会社を即日で辞めたいなら退職代行を使うのがおすすめ

会社がブラックすぎて辞めれないなら即日で29800円で辞めれる退職代行を使うのがいいです。

普通会社を辞める場合、最低でも1か月前からとかじゃないとダメとかいろいろルールがあると思います。現場の事情によっては3か月まってくれなんてこともあるかもしれません。

しかし、それらのルールには法的拘束力はありません。なので、法関連に詳しい専門の退職代行を使うことで煩わしい労務交渉なしにスムーズに退職することができます

退職代行を使うことのメリット

退職代行を使うことでこういったメリットを得ることができます。

  • 退職代行に連絡してから即日で辞められる
  • 会社との必要なやり取りは退職代行業者が行うので負担が少ない
  • 辞めたくても辞められないという場合でも必ず辞められる
  • 有休休暇取得などの希望を伝えることができる
  • 3~5万円ぐらいで辞めれる

退職したくても退職できないというケースはかなり多くなってきています。
退職の相談をしてもなんだかんだ伸ばされたり、ひどいところだと退職届けを受理しないとかそういうケースがあります。

退職代行業者が変わりに仲介・交渉に入ることで退職にあたっての必要手続きはすべて退職代行業者によって行われます。
有休休暇の取得交渉も代わりに行ってくれますし、保険証の返却や離職票の取得など必要な事務手続きはすべて郵送で行われます。

退職についての相談も気軽にできるような環境ではない職場ならば、この価格で辞められるのならばとても魅力的だと思います。

僕が新卒3か月で会社辞めた時はこんなサービスなかったから辞めるの大変でしたよ。次会社辞める時は使うことを検討しようと思います。

退職代行業者の種類

退職代行業者にはいくつか種類があります。

  • 一般企業
  • 弁護士事務所
  • 労働組合

すべての退職代行業者がいいというわけではなく、中には悪質な業者もいたりします。

そもそも法律的には、退職代行は使者(第三者)を使っての伝言や代理人による交渉は法適合組合の合同労働組合か弁護士でなければ弁護士法に違反する危険性が高いため、一般企業の退職代行ではスムーズにやめられないケースもあります。安心してスムーズに退職するのであれば 法適合の合同労働組合や弁護士に頼むのがおすすめです。

ただし、弁護士に頼む場合だと費用が高くなり手続きも煩雑になってくる場合が多く、信頼できる労働組合に依頼するのがおすすめです。

注意

・株式会社など普通法人が運営しているところは法適合ではないのでスムーズに退職できないケースがあります。

・弁護士や労働組合を装った悪質企業もいる。そういう場合振込先が株式会社になっています。

退職代行ガーディアンがおすすめ

退職代行なら労働組合法人ガーディアンがおすすめです。

  • 費用が29800円なので弁護士に依頼するより安い
  • 一般企業と違い代理・交渉を行うことが定められている労働組合
  • LINEから簡単に相談できる

労働組合法人なので代理・交渉を行ってくれるのが安心ポイントです。

有名な退職代行業者の中には一般企業型が結構多いですし弁護士に相談するのも少し敷居が高い感じがしますね。

退職代行ガーディアンならLINEから簡単に申込ができますし、申し込みが終わったらもう出社する必要なく、郵送でのやりとりだけで退職することができます。

相談はこちらからどうぞ

退職代行ガーディアン以外のおすすめの退職代行サービスはこちらにまとめています。

失敗しない退職代行のおすすめ紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です