2年目で仕事辞めたいけど転職はできるのか?

2年目で仕事辞めたいけど転職できるのかな?

私なんて新卒3か月で転職先きめずに退職したけど無事に転職できたから全然大丈夫だと思うよ。

新卒2年目で会社辞めたいのは忍耐不足?

2年働いたなら転職でそこまでの不利はない

例えば勤続年数1か月とか3か月ぐらいで退職すると、転職活動時に書類選考で落ちる率が少し上がります。しかし2年働いた段階になるとそこまで不利になるわけではありません。

世間的には最低3年働くべきという意見もありますが、実際の転職活動では2年と3年ではそこまで大きく変わりません。なので転職したいのであれば、まずは転職活動のための情報収集から始めればよいでしょう。

ブラック企業ならば早く逃げ出したほうがいい

会社がブラックな場合は早く逃げ出したほうがよいです。ブラックな企業に働き続けていると精神が消耗していき身体に影響を与えていきます。

その結果最終的に鬱病になってしまったり、身体を壊してしまったら復帰するようになるまでに多くの時間的、金銭的コストが発生するようになります。

なので下手に耐え忍ぶよりもさっさと会社を辞めたほうがよいでしょう

3年以内で会社辞めるなら第二新卒枠として再就職できる

第二新卒枠とは

新卒後3年以内に離職した若者を対象に各企業が設けている採用枠です。最低限のビジネスマナーや社会人としての心構えなどのトレーニングを終わってるものとみなして採用しますが、実際の業務に関しては新卒と同様にポテンシャル採用とみなしてくれます。

異業界に挑戦しても新卒扱いしてくれる

第二新卒では一般的にポテンシャル採用なので、最低限の社会人経験があれば、その業界での経験は問われません。業界に関することは企業側も新卒同様に教育することを考えています。

なので新しい業界にチャレンジできるチャンスだともいえます。

未経験として大手にチャレンジできるタイミングは今のみ

未経験として大手企業に入れるのは一般的に新卒のタイミングしかありません。しかし、第二新卒として大手企業も採用枠をとっていますし、その際の業界経験は不問なので、未経験として大手にチャレンジできるタイミングは今のみとなります。

一般的に大手企業に就職するのは難関です。業務や業界の経験を持っていたとしても簡単に入れるものではありません。今の若いうちだけがチャンスなので積極的にチャレンジしてもよいでしょう。

社会人二年目で転職成功するには

社会人二年目で転職に成功するには入念な準備が必要となってきます。

  • 自己分析を行おう
  • 企業や業界の情報収集しよう
  • 転職エージェントを利用しよう

自己分析を行おう

理想的な転職を行うには自己分析が必要になってきます。

  • 自分が何をするのが嫌なのか
  • 自分は何をするのが好きなのか
  • 自分は何をするのが得意なのか

このあたりの観点から自分を深く見つめて自己分析していきましょう。結局ここの自己分析がうまくいっていないと、転職に成功したとしてもすぐに離職することにもなりかねないです。

企業とのマッチングをよりよく行っていくにあたってもここの自己分析にしっかり取り組んでいきましょう。

企業や業界の情報収集しよう

自己分析が完了したら、企業や業界について情報収集しましょう。自分ことだけわかっていていても、相手のことがわかっていなければよりよい転職活動は行えません。

世の中にはどういう業界や企業があるのか調べ、それが自分とうまくマッチしているのかどうか調べましょう。

転職エージェントを利用しよう

転職エージェントを利用することもおすすめです。転職エージェントを利用するだけで、今現在自分のキャリアでどういう企業に応募することが可能なのか、転職可能性がどれくらいあるのかについてアドバイスをしてもらうことができます。

また、転職エージェントによっては面接対策として面接の模擬練習をしてくれたり、エントリーシートや業務経歴書などの書き方について添削してくれるなどのサービスをしてくれたりします。

転職エージェントの利用は完全に無料なので積極的に利用しましょう。

【2021年最新版】総合型転職エージェント、転職アプリおすすめ紹介

退職するまえに行動しよう

基本的に転職活動はその多くが情報収集活動になります。世間には企業は無数にあるので、その情報を収集するのにも手間がかかります。

まずは転職エージェントに登録し、エージェントにいろいろ相談するのが手っ取り早いです。自分のキャリアでも転職は可能なのか?どういう企業に応募することが可能なのか?いろいろ質問することはあると思います。

各エージェントもこれまで多数の求職者を転職させてきた実績があるので、この道の専門家です。まずは相談するに越したことはないです。

そのうえで、自己分析や企業、業界研究によって転職先を見えてきますので、転職エージェントが提供している面談の模擬練習等を利用して転職活動を成功させましょう。

まずは具体的な行動をしていかないと不安は解消されていきません。最終的に今の会社で働き続けたほうがいいという判断をするのも、実際にいろいろ情報収集しないと判断できないので、まずは小さなことから行動していきましょう。

【2021年最新版】総合型転職エージェント、転職アプリおすすめ紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です