未経験でもフリーランスのシステムエンジニア(SE)になれるのか?

フリーのエンジニアが儲かるって聞いたからなりたいんだけど未経験からでもなれるのかな。

こういった疑問を解決していきます。

フリーランスのエンジニアになるのは厳しい

フリーランスは基本的に客先常駐が多い

フリーランスエンジニアとして一番多い働き方は客先常駐です。月額65~100万円の単価でお客さん先のオフィスで開発作業を行う働き方です。仕事の取り方ですが、エージェントが求人募集している企業を紹介してくれるので、エージェントに登録すれば案件を紹介してもらえます。

そして案件紹介後に企業と顔合わせをして、問題なければ契約を結んで作業することになります。

おすすめのエージェントはこちらで紹介しています。

【2021最新版】エンジニア向けフリーランスエージェント特徴別おすすめ

客先常駐だと完全な未経験はとってもらえないことがほとんど

客先常駐のフリーランスの場合、未経験だととってもらえないことがほとんどです。企業の案件を紹介しているエージェントに話を聞いてみると、最低でも1年の業界経験が必要としているところが多いです。

なかには未経験でも育てるつもりで採用しますという案件もあるかもしれませんが、特別なコネとか、実績とかがなければ難しいと思います。

未経験でもフリーランスとしてやっていく方法はある

客先常駐という働き方では1年の業界経験がないと厳しいという話でしたが、客先常駐でなければすぐにフリーランスとしてやっていく方法はあります。

クラウディアやランサーズを使う

いわゆるクラウドソーシングサイトです。インターネット上で仕事を発注したい人と仕事を受注したい人をマッチングするサイトですね。システム開発の案件も企業から発注の募集があります。まずはどういう案件があるのかみて、受注できそうかどうかチェックするのがよいと思います。

Craudiaクラウディアが日本最大級のクラウドソーシングサイトです。

Web制作会社に営業をかける

システム開発とは厳密には違う区分ですが、Web制作会社の仕事を受注するのも一つの手です。

Web制作をしている会社のホームページにはパートナー募集といった文言が記載されているケースがあるので、そういうところのお問合せフォームから仕事がないか聞いてみましょう。

いずれもポートフォリオのようなものは必要

未経験とはいっても発注者側からすればちゃんと仕事をやってくれるひとかどうかは気になるポイントです。なので自分がどういうスキルを保有しているのかを示すポートフォリオであったり、どういうものを作れるのかを示すような制作実績などのものが必要になってきます。

そうでなければ、応募はできますが、他の経験者もいる応募者との競争にかてないので、仕事を受注することができません。

まずは一年間修行しよう

未経験としてフリーランスになりたい人で、すでに制作実績をもっていたり、ポートフォリオに記載できるようなスキルを保有している人は多くないと思います。そういう人はやはりまずは客先常駐での案件を取得するのが現実的なので、まずは1年間の業務経験をつみましょう。

未経験としてIT企業に転職しよう

まずはIT企業で未経験として転職しましょう。未経験からIT企業に転職できるのかという点が気がかりだと思いますが、未経験可とする求人は割とそこそこあります。

多くの場合は客先常駐型の会社なので、そこでフリーランスになることをみこして、客先常駐としての働き方を学ぶのがよいと思います。

実際にそこで働くなかで自分がフリーランスとしてやっていけそうかどうかも判断できると思うのでまずはIT企業に転職してみましょう。

転職エージェントを活用しよう

未経験としてIT業界に転職するにあたっては転職エージェントを活用するのがよいです。転職エージェントはこれまで多くの応募者を転職に導いているので、未経験でIT業界に転職したいというあなたのニーズに対しても最適な案を提供してくれます。

総合型の転職エージェントはこちら

【2021年最新版】総合型転職エージェント、転職アプリおすすめ紹介

IT特化型の転職エージェントはこちら

【2021年最新版】IT専門転職エージェント特徴別おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です