収入アップは転職がIT業界での常識

IT業界って転職があたりまえなの?

このような疑問にこたえていきます。

IT業界の転職は当たり前なのか

IT業界の転職回数は求められない会社もある

前に所属していた私の会社では、通常企業の転職は4回以上あった場合は面接前に足切りでしたが、IT業界内の転職回数は何回していても大丈夫でした。

つまり、IT業界内の転職回数はマイナス評価にならないということです。私の友人が所属している会社でも同じような採用基準を設けているのでIT業界では一般的な採用基準である可能性もあります。

プロジェクト単位なので会社を意識することは薄い

基本的にIT業界はプロジェクト単位で動きます。なので会社というものを意識することが少ないです。仕事が忙しいかどうかは会社そのものよりもプロジェクトに依存しますし、人間関係もプロジェクに関わる人としか関わらないので、プロジェクトの人とうまくいくかどうかで人間関係も決まっていきます。

会社によってもあるプロジェクトは忙しくなくて毎日定時帰りが普通というのもある一方でもう片方は忙しくて休日出勤当たり前という状況も普通によくあります。

こういったプロジェクト単位での考え方が根付いているのでIT業界内の転職であれば回数は不問にするということが多いのかもしれません。

転職じゃないと構造的に年収をあげづらい

IT業界は基本的に転職じゃないと収入をあげづらいです。

客先常駐型だと年収はあがらない

IT業界の一般的な働き方に客先常駐というものがあります。ほとんど派遣みたいなものなのですが、企業と準委任契約を結び、お客様先のオフィスで働くというものです。

この客先常駐型で働いている人は基本的に年収をあげることが難しいです。IT業界はゼネコンなどの業界と同じように多重下請け構造になっているので、客先常駐型だと下請けとして働くことになります。元請けや企業からピンハネされたお金が最終的に自分の収入になるのですが、この多重のピンハネ構造により、最終的に手元に残るお金はわずかなものになります。おおよそ30代で500万円いけばいいほうじゃないでしょうか。とにかくこの形態で働くと多くの収入は望めません。

収入が上がりやすいIT内のポジション

  • 元請けSIer
  • 自社開発
  • フリーランス

IT業界が多重下請け構造となっているので、そのトップとなる元請けのSIerは必然的に給与が高くなります。給与を上げたいのであれば元請け企業に転職することを考えましょう。

また別の選択肢としては自社開発の企業に転職することが考えられます。事業を起こしたてのベンチャー企業のようなところだとそんなに収入は高くないですが、ある程度名の通っている自社サービスをもっている会社だとそれなりにもらえます。少なくとも客先常駐として働くよりは給与はあがります。

フリーランスになると収入を上げることができます。客先常駐だと企業に給与をピンハネされますが、そのピンハネ分が全部自分の懐にはいってくるためです。だいたい客先常駐のエンジニアだと70~80万円ぐらいがボリューム層なのでそれぐらいが自分の懐に入ってくるようになります。

転職が当たり前なら転職して給与をあげよう

同期や会社の人に遠慮する必要はない

業界として転職が当たり前ならどんどん転職して収入を上げていったほうが良いです。

よく、転職となると会社に迷惑がかかるとか、同期とはなれるのが嫌とかいろいろ理由をつけては結局転職しない人がいますが、会社はあなたが思っているほどあなたのことを考えていないので、収入をあげたり環境をよくしたいならさっさと転職してしまいましょう。

転職の情報収集をしたほうがいい

もちろんすぐに転職をするというのは難しいと思います。転職が失敗するリスクもありますから。転職活動をするにしてもまずは情報収集からになります。転職市場はどんどん変わっていくので情報収集だけでもしていくことをお勧めします。

いい求人というのはすぐに埋まってしまいます。一方でブラック企業は常に求人を出しています。求人情報を常にチェックすることで転職市場のアンテナを高くし、よりよい転職をすることが可能になっていきます。

転職なら転職エージェントを使おう

転職を考えているならば転職エージェントを使いましょう。転職エージェントは様々な求職者を転職に導いた転職活動のプロフェッショナルなので使わないのは損です。一般の転職サイトに出回らないような非公開求人ももっているのでまずは相談してみましょう。

総合転職エージェントのおすすめはこちら

【2021年最新版】総合型転職エージェント、転職アプリおすすめ紹介

IT特化型の転職エージェントはこちら

【2021年最新版】IT専門転職エージェント特徴別おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です